電話メインで住環境を考えてみる

引っ越し時の携帯電話環境のチェック術
引っ越しの時には、ガラケー・スマホとも電波チェック
アンテナの本数だけでなく、実際に通話して試そう
携帯ネットの使用は、Wi-Fi環境導入も視野に
電波の強さを決定付ける、中継局の真実
大手三キャリアの対応状況
よく見る「人口カバー率」と、現住所の関係
一つの家・部屋の中でも、電波の入りやすさの違いが
固定電話のある家、ない家
固定電話回線の種類
ネットなどの状況と合わせ、環境を整備しよう
建物によって、使えない回線、通話できない電話番号が
見過ごしがちな、固定電話がないとできないこと
あまり聞かなくなった言葉、「電話加入権」って何?
電話料金をお得に済ませる方法
今ある固定電話を廃止するには

電話メインで住環境を考えてみる

住居を考える際、様々な基準で考えるのは当然ですが、電話を基準にして住環境を考えてみるのも良いのではないでしょうか。電話は必需品…というのは大袈裟かもしれません。しかし最近は多くの人の必需品になっている電話もあります。

そうです、「携帯電話」です。携帯電話の加入者数は1億件を突破したと言われています。つまり、今では携帯電話を持っていない人の方が圧倒的に少ないほど、携帯電話は我々にとって欠かせないものとなっているのです。多くの人にとって欠かせない携帯電話ですが、携帯電話が携帯電話として機能してくれているのは電波が入っているからです。

仮に、タイムマシーンで携帯電話を過去に持って行っても、ネットワーク機能は使えません。携帯電話が便利なのは、携帯電話そのものはもちろんですが、携帯電話を取り巻く環境。それがしっかりと整備されているからなのです。そしてその環境は全国で均一なものではなく、差があるのです。

人口の多いエリアはもちろんですが、谷間になってしまっている部分や、周囲を大きなビルに囲まれている場所も電波が悪いでしょう。そのため、新しい住居を探す際、電話が使えるのか。それを考えるのも大事なのが現代の住宅事情なのです。

電話メインで住環境を考えてみる

引っ越し時の携帯電話環境のチェック術

携帯電話環境をチェックしましょう

固定電話のある家、ない家

固定電話のある家とない家があります

電話をメインに住居を考えてみましょう